男性美容のNG行為

男性の美容で間違っていることがあるので、その間違っているNGなことを書いていきたいと思います。男性の方は、間違っている所は改善しましょう。

●洗顔のNG
洗顔するときの水の温度ですが、目が覚めるように冷水だけで洗う人がいますが、冷水だけでは、皮脂や汗が落ちません。そして、熱すぎても肌にダメージを与えてしまい肌を傷つけてしまいます。
ベストな温度は、人肌より少しぬるめの約33℃くらいです。水の温度に気を付けて洗顔するようにしましょう。

そして泡はしかり泡立てて洗顔することが大切です。泡立てずに洗顔してしまうと洗顔料をそのまま肌に擦りこんでいるのと同じなので、刺激が強すぎて肌を痛めます。
皮脂や汗や顔に付いたほこりなどを包み込むように汚れを浮かせて落とすのが正しい洗顔ですので、ネットを使いきめ細かい泡たくさん作り洗顔してください。化粧水を付ける時も、パンパン叩き込むのではなく、優しく包み込むようにパッティングしてあげることが大切です。

洗うときは、ゴシゴシするのではなく泡でクルクル円を描くように優しく洗顔します。
ゴシゴシしてしまうのも皮膚を傷つけてしまい、摩擦による刺激で炎症の原因になります。
そして洗顔時間が長いと泡が顔にずっと付いていることになるので、そうすると肌トラブルが起こりやすくなります。なので、洗顔時間が長くなりすぎないように気を付けましょう。

すすぐ時は、すすぎ残しがないかしっかり確認しましょう。すすぎ残しがあることも肌トラブルの原因の1つですので気を付けましょう。

洗顔後のタオルの使い方にも気を付けましょう。タオルで顔をゴシゴシと拭いてしまう人もいるかもしれませんが、これも肌を傷つけてしまうので今すぐやめてください。
タオルで顔に当てて優しくおさえるようにして、水気を吸い取りましょう。そして、時間を置かずにすぐ化粧水などで、しっかりと保湿してあげましょう。
時間を置くと、乾燥の原因にもなりますので、気を付けてください。

そして1日に何回も洗顔をしてしまう人がいますが、良くないのですぐにやめましょう。
ニキビなどが気になり1日に何度も洗顔すると、皮脂を落としすぎてしまい、肌が乾燥して、症状が悪化してしまう可能性もありますので気を付けましょう。
皮脂を守るために洗顔は、朝・夜の2回だけにしましょう。

●髭剃りのNG
何も付けずに髭を剃る人がいるようですが、何も付けずに剃ってしまうと肌に負担がかかってしまいますし傷つけてしまいます。
肌を傷つけないように、シェイビングフォームなどを使い、肌への負担を軽減してあげることが大切です。

●オーラルケア
舌のケアをしていない人がいるようですが、口臭の原因に1番関係しているのが、舌の汚れと言われているくらいですから、ケアをしっかりしましょう。
舌の表面には、アカや細菌の塊が付きます。それらが大量に付いていると、口がとても臭くなってしまいます。

これをケアするには、舌ブラシや綿棒やガーゼを使い優しく拭き取るようにしましょう。
歯ブラシで、ゴシゴシするのは、舌の表面を傷つけるのでやめましょう。

●シャンプーのNG
泡立ちやすいからと言って1度に多くのシャンプーを付ける人がいますが、そうしてしまうと、洗い残しが出てしまい、頭皮トラブルを起こしていまいます。
シャンプーの前に必ず、地肌までしっかりと濡らしてからシャンプーしてください。そうすると少量のシャンプーでも泡立ちやすくなります。
そしてシャンプーが髪に直接つけるのではなく、手のひらで泡立ててから髪ではなく、地肌に付けるようにしましょう。原液を直接付けてしまうと、痒みなどの原因になりますから、頭皮をしっかり洗ってあげましょう。

頭皮を洗うときですが、爪を立てて洗うのではなく、指の腹でマッサージをするように洗います。爪を立ててしまうと頭皮が傷つき、最悪の場合は、バイ菌が入ってしまいます。そして、痒みや抜け毛と言った頭皮トラブルが起こりますので、気を付けましょう。

そして、リンスやトリートメントは、頭皮に付けないようにしてください。頭皮についてしまうと、毛穴つまりが起こってしまいます。
頭皮ではなく、髪の中間から毛先につけるようにしてください。

●制汗スプレーのNG
汗をかいてニオイが気になって、抑えるためにスプレーを使うことがある男性もいると思いますが、使い過ぎには注意しましょう。
使いすぎると、汗の出る線を塞いでしまい、かゆみや黒ずみの原因になります。

このようなことが間違っていたんですね。これを見て男性の方はどうだったでしょうか?
「あっ!ここ間違っていたんだなぁ」と言う所はありましたか?なかった人はすごいです。そのままのケア方法を続けていきましょう。

そして間違っていた人は、今日から正しいケア方法にして、肌などへの負担を減らし改善していきましょう。今からでも遅くはありませんし、改善することが大切なので、正しいケア方法を毎日続けるように心がけましょう。