男性の美容整形

今回は男性の美容整形について紹介いします。
1つ目は目の整形について書きます。
モデルや俳優や美男子と言われる人は、高く通った鼻筋の人です。なので、鼻筋を高くしたいという人が多いようです。

鼻を高くするだけで、顔の印象が変わると言われています。鼻は顔の中心ですし、印象が変わって当たり前かも知れませんね。実は人に見られやすいのは横顔で、鼻がすっと高ければ、顔が整って見えるのです。

鼻が高く鼻筋が通っていれば、凛々しく力強く見えて、彫りが深く、目も強調され顔全体が整った印象になります。
逆に鼻が低いと、弱々しく見えたり、平べったい顔に見えたり、目と目が離れて見えて、アンバランスな印象になってしまうようです。

鼻の高さ、鼻筋の通す整形をする人は、シリコンプロテーゼかヒアルロン酸注射の2つで、それぞれの特徴を理解して最適な方を選ぶといいでしょう。

さて、2つの方法を比較してみましょう。
まずはシリコンプロテーゼです。
●特徴
理想の鼻の形にカットしたシリコンプロテーゼを挿入する。
挿入手術を行う時は、鼻の穴の内側から行うため、傷痕が気にならない。
強い腫れが3~7日程度続く

●向いている人
半永久的な効果を求めている人

次はヒアルロン酸注射です。
●特徴
元々体内にあるヒアルロン酸を理想の高さ・ラインに向け丁寧に注入する。
手術後の腫れは、ほとんどない
十分な効果は1年~3年程度ですが、薬剤の種類で個人差があります。

●向いている人
リーザナブルに気軽に鼻を高くしたい人
腫れると困る人
これを見て、全体的に高くしたいのであればシリコンプロテーゼで、部分的にや少し高くしたいという人はヒアルロン酸をするといったような使い分けをすると良いと思います。

他にも、効果が半永久的にしたいなら、一生物のシリコンプロテーゼで、試してみたい程度なら、ヒアルロン酸でいいかもしれません。試してみて、どう自分の顔が変わるのか見てみる人もいるかもしれません。

続いては二重まぶたの整形についてです。
目が一重の人二重の人でだいぶ印象が違いますよね。明るい印象にしたいといって二重まぶたにするといった整形が人気のようです。
生まれつき目つきが悪いや一重まぶたがコンプレックスなどの悩み思った人が女性でも男性でもいるようです。
なので、物施術方法は多く自分に合った方法で二重にすることが出来るようです。色々な方法があるのなら、自分がしたいように出来て良いですね。

腫れぼったいまぶたを治したい人・目幅が狭い人が目幅を広くしたい人が多いようです。
このような悩み解消するために整形をする人がいるそうです。
生まれつき目つきが悪く、人に「怒っているの」と聞かれたことがあるなどと言う人もいるようです。

現在は、メスを使わない方法もあるようです。
目元の整形はどのような方法があるのかを見つけたので紹介します。

●イージースクエアー埋没法
シンプルな方法で、個人差はありますが、手術後の腫れを抑えることが出来ます。
まぶたの内部から1箇所を縫合して、二重幅を調整することが出来ます。
ですが、二重のラインがつきにくい人は難しい場合もあるそうです。

施術時間は5分程で腫れはほとんどなく、安全性は高いですが、維持性は、やや弱いです。
向いている人は、二重ラインがつきやすい人です。

●ナチュラル埋没法
一般的に多く行われている方法のようです。まぶたの2箇所を縫合して、自然な二重を作ります。

施術時間は10分程で腫れはほとんどなく、安全性は高く、維持性は普通のようです。
向いている人は、自然な二重ラインに仕上げたい人です。

●フォーエバーブリリアント埋没法
皮膚を切らず簡単に二重を作る方法で、1部の人は二重が元に戻ってしまう場合もあるようです。ナチュラル埋没法の利点はそのまま残し、更に糸を追加し、結ぶことによって二重をより強力に固定出来ます。
強力に出来るために、たるんでしまったまぶたに若返りにもとても効果的です。

施術時間は20分ほどで腫れはほとんどなく、安全性が高く、維持性は半永久です。
向いている人は、埋没法二重術がとれやすい人とまぶたが加齢でたるんだ人です。

どの方法も施術する前に最適な二重のラインをシュミレーションしてから行います。そしてその方法も抜糸の必要がないので、入院や通院する必要はありません。
麻酔は、局所麻酔と点眼麻酔で、施術後の痛みは、それもほとんどないようです。シャワーは当日から使用して良く、入浴は軽いものは当日から入っていいようですし、洗顔も当日からして大丈夫のようです。
ですが、コンタクトは手術当日は使用を避けて、2~3日以降から使用するようにいましょう。

他にも、輪郭を整形する人もいます。輪郭ですが、エラが張っている顔・ゴツゴツした顔・突き出した口元・しゃくれたアゴなど、気になる所を削ったりしている人もいるようです。

色々な気になる箇所・コンプレックスのある個所を、治したい人は整形してしるようです。
こういった部分は、男女同じだと思いますし、気になりすぎで暗くなったり、楽しく過ごせないという人は、整形をしてもいいのかなと思います。整形をして楽しく過ごせるなら、それが1番いいのかもしれません。

整形は男女関係なくコンプレックスな所を治すということでした。